外付けハードディスクの利用

外付けハードディスクに保管すれば内臓のほうが壊れても大丈夫

パソコンの内蔵ハードディスクは、何らかのアクシデントが原因で壊れてしまうことがあります。そのため、中に入った大切な写真をいつまでも大事に保管しておきたい場合はバックアップが必要です。もしも、外付けハードディスクを繋いでいるのなら、そちらにバックアップを取ることを考えましょう。外付けに保管しておけば、パソコンが壊れたとしても写真を失うことはありません。ほかのパソコンに繋げば、中身を見ることができるため大切な写真をすぐに取り戻せます。もちろん、外付けのほうが壊れたときのことを考えて、内蔵のほうに保管していた写真を消してはいけません。バックアップは同じファイルを複数用意して、アクシデントに対応できるようにするためのものです。

移動ではなくコピーをすること

外付けハードディスクに写真のバックアップを取りたい場合は、必ず移動ではなくコピーをするようにしましょう。単純に移動をしてしまうと、パソコンの内蔵ハードディスクに入っている写真が消えてしまいます。それではバックアップにならないため、まったく同じファイルを複製できるコピーを活用して、オリジナルのデータは元の場所に保管したままにしておく必要があります。また、バックアップを取った場合は作業をして終わりにするのではなく、写真が元あった場所にきちんと存在しているか確認しましょう。もしも、チェックをして元の場所から消えていたときは、外付けに入っているファイルをコピーして、改めて内蔵のほうに保管することをおすすめします。